家具の選び方

家具を選ぶ時にまず考えなくてはいけないのが、その家具をどのように使用するのかという使用方法です。

使用する家具の使用頻度、用途や必要な機能、設置場所を踏まえ選んでいかなければいけません。
住空間を大きく3つに分類してみましょう。

家族だけでなく、来客などの人物も使用する空間でパブリックゾーンと呼ばれる場所。
主に玄関やリビングがパブリックゾーンになります。

家族や個人のみが使用する、個人的な空間でプライベートゾーンと呼ばれる場所。
主にベッドルームなどがプライベートゾーンです。

パブリックゾーンとプライベートゾーンの両方の要素を併せ持つ場所がセミパブリックゾーンとなります。
主にバスルームやトイレがセミパブリックゾーンです。

当然ながらそれぞれの空間で使用する家具の使い方、必要な機能は異なります。 平面図上でただ家具を配置するのではなく、その場所で行う作業や生活のイメージを持って考えましょう。

家具のデザインやテイストを考えることも、空間を快適なものにするために必要となります。 機能以外にも、デザインやテイストも自分に合ったものを考え、家具選びを楽しみましょう。 家具を購入する際にはその大きさにも注意しましょう。 事前に部屋や設置場所の寸法を測り、家具の寸法と照らし合わせてから購入しましょう。

家具は設置場所や配置次第で、その機能性を高めることができます。