家具のお手入れ方法

家具を長持ちさせるためには日頃からお手入れをしておくことが必要になります。

家具は木製が多いので、湿気の多いところや温度差の激しい場所には置かないようにしましょう。
家具は直射日光もなるべく避けたほうが良いです。
何かをこぼしてしまった場合は、跡を残さないためにもすぐに拭き取るようにしましょう。 木製の家具は温度の変化に影響を受けます。 温度変化によって家具は、変形やひび割れ、接着面の剥がれなどを引き起こします。

家具にとって最適な湿度は私たち人間と同じ、40%~50%程度の環境です。 除湿や加湿を上手く行って、室内を家具にとっても最適な環境に整えましょう。

家具そのものから発性するにおいが気になる方もいるかもしれません。 家具から発する臭いには接着剤や塗料のにおいや木材自体のにおいがあります。 家具のにおい対策には、から拭きや水拭きを行い、十分な換気を行うと良いでしょう。
消臭炭やコーヒーの絞りカスを置いておくのも、家具のにおい対策には効果的です。

木材のにおいだけはすぐに消えるものではありません。 木材のにおいの中には10年経っても消えないというものもあります。 炭を置くにおい対策は効果的ですが、木材のにおいだけは時間がかかるようです

。 家具のにおい対策において、方法は色々ありますが、最も効果的な対策はやはり換気のようです。