家具・収納家具とは

家具とは、大きく分類すると据え置き家具と作り付け家具の2種類に分けられます。
据え置き家具とは、その名の通り家財道具のうち家の中に据え置いて使う比較的大型の道具類を言います。

作り付け家具とは、住宅内に元々取り付けられている家具を指し、一般的に物を収納することが目的です。
作り付け家具は建築確認の対象となります。
作り付け家具のうち、後から取り付けるものに関しては建築確認の対象とはなりません。

家具は基本的に木製の物が多いが、近年では金属製のものも増えてきています。 日本では桐が、最高品質の素材とされています。 桐を使用した家具は湿気に強く燃えにくいため、衣装収納用の家具として使用されています。

家具は木製が多いので、木材の産地が家具の産地としても知られています。
北海道旭川市、静岡県、岐阜県高山市、広島県府中市が家具の代表的な産地として知られています。
徳島県徳島市、福岡県大川市も家具の産地として知られています。

近年では、家具を床や天井・壁に固定することが広まっています。 大震災の教訓から、家具を固定することで倒れた家具の下敷きとなることを防ぐことができます。

日本の伝統に結婚時に新婦が家具を嫁入り道具として、持参することもあります。