代表的な家具(収納家具)について

代表的な家具として、収納家具と呼ばれる種類の家具があります。

収納家具とはその名の通り物を整理して収納することが目的であり、食品や家財道具、衣類などを収納します。
収納家具には、物を収納する他に、収納物を展示したり、陳列するなどの使い方もあります。
収納家具はその性質上、箱型のものが多いです。
収納家具は、さらにタンス類や棚類といった分類をすることができます。

タンス類には、衣類や小物を保管し、引き戸や開き扉、引き出しなどを用いることが多いです。

棚類の代表的なものは、本棚、食器棚、下駄箱などが挙げられます。
棚類の収納には、少ない体積でより多くの荷物を効率的に収納するための工夫が必要となります。
棚類の特徴は、収納内部に水平な板を複数枚設置することで、荷物を置く面積を拡大させている点にあります。

収納家具はタンスのように箱型のものを据え置いて使用する他に、予め住宅内に設置してあるものもあります。 予め住宅内に設置してある家具とは、建築段階から壁面に組み込まれている家具になります。 建築段階から壁面に組み込まれている家具はビルトインといった呼ばれ方もします。

家具を壁面に組み込むことで、住空間内に余計な出っ張りを無くすことができます。
家具を壁面に組み込むことで、機能的にも優れ、見た目もすっきりと収めることできます。